<< 生息域 HOME タナゴの判別 >>
生息環境
  右の写真のように護岸されていない、流れの緩やかな小川や用水路などがタナゴが生息する環境としては良いと思われます。 近年、このような環境をほとんど目にすることはなくなりました。 20年以上前に私がタナゴをよく採りにいった池でセルビンを入れてみても、今採れるのはブルーギルばかりです。
  淡水二枚貝が生息しているかどうかは重要な要素ですが、二枚貝を見つけるよりも、タナゴを見つけることの方が先になることが多いようです。 タナゴを見つけることで二枚貝の存在を知り、周囲を掘ってみて二枚貝の種類がわかるといったパターンが、圧倒的に多いと思われます。 (少なくとも私の場合は)

HOME
Copyright (C) 2003-2005 たなご倶楽部 All rights reserved.